NAONのYAON(ナオンのヤオン)は、SHOW-YAプロデュースの女性ミュージシャンのみによる日本のロック・フェスティバル。SHOW-YAの提唱により企画・実現され、1987年から日比谷野外音楽堂で開催されている。タイトルは“女”の“野音”(野外音楽堂)に由来。


寺田恵子のラジオ番組『オールナイトニッポン』での発言がきっかけ

SHOW-YAのボーカリスト、寺田恵子のラジオ番組『オールナイトニッポン』での発言がきっかけとなって企画され、1987年9月20日に第1回が日比谷野外音楽堂で開催された。出演者のみならず制作スタッフまで女性限定で揃えるこだわりよう。以後、1991年まで毎年秋に行われるのが通例となった。
この時期の出演者には寺田が深く敬愛したカルメン・マキや同じ女性メンバーのみによるロックバンドとして親交のあったプリンセス プリンセスなどの著名な女性ミュージシャンがいる。特にプリンセス プリンセスは毎回オープニング・アクトを務めるなどこのフェスティバルの中心的な存在だった。



【最新情報】

NAONのYAON 2021開催

2020年4月29日から延期となっていたNAONのYAONがついに開催される。

《公演概要》
SHOW-YA PRODUCE『NAONのYAON 2021』
【日時】2021年4月29日(木・祝) 14:00開場 / 15:00開演
【会場】日比谷野外大音楽堂
【来場チケット】全席指定 8,000円(税込)
【配信チケット】
<通常版>3,500円(税込)
<プレミアム版>6,000円(税込)※配信限定NAONのYAONタオル付き

【出演者】

・SHOW-YA
・葛城ユキ
・小柳ゆき
・ファーストサマーウイカ
・ザ・コインロッカーズ
・田村直美
・ANNA(中村あゆみ×相川七瀬)
・渡辺敦子(ex.PRINCESS PRINCESS)
・富田京子(ex.PRINCESS PRINCESS)
Mary’s Blood
Gacharic Spin
NEMOPHILA

・Li-sa-X
YASHIRO
・瀬川千鶴
・力石理江
・GRACE
・山田直子
・菅原潤子

オープニングアクト
・LAZYgunsBRISKY
・CASPA
・稚菜

【関連記事】

SHOW-YA、自身がプロデュースする『NAONのYAON 2021』開催決定(2021/03/24 OKMUSIC)

SHOW-YAが贈る【NAONのYAON】に葛城ユキ、ウイカ、ザ・コインロッカーズら(2021/03/24 billboardJAPAN)

<NAONのYAON 2021>が開催決定 | BARKS(2021/03/25 BARKS)

【歴代出演者】

2020年

2020年4月29日の開催を予定していたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期され、翌2021年4月29日に振替公演が行われることになった。

2019年

テーマは「平成」であり、平成を代表する曲のメドレーが披露された。 また、北欧からいかだで来たMETALLIC SPINのノーズとLiLiCoが会場を沸かせた。
歌謡ポップスチャンネルで一部と二部に分けて放送。
番組名「NAONのYAON 2019 第一部」(90分)2019年6月16日
「NAONのYAON 2019 第二部」(120分)2019年7月14日

・SHOW-YA
・YU-KI(TRF)
・相川七瀬
・浅香唯
・永井真理子
・島谷ひとみ
・阿佐ヶ谷姉妹
・LiLiCo
・渡辺敦子(ex.PRINCESS PRINCESS)
・富田京子(ex.PRINCESS PRINCESS)
・今野登茂子(ex.PRINCESS PRINCESS)
Mary’s Blood
Gacharic Spin
GIRLFRIEND

むらたたむ
・AYANO
・AZU(LAZYgunsBRISKY
・宮澤茉凜(LoVendoЯ)
YASHIRO
・AYUMI(BRIDEAR
・Sakura(HAGANE
・蛇石マリナ(Mardelas)
オープニングアクト
・Iolite(厚木高校 軽音楽部)
・佐藤ゆき
・稚菜
・GREED FIVE EGG’S

2018年

テーマは「80年代アイドル」であり、コラボ曲もそれに則した曲が披露された。 2018年6月10日、歌謡ポップスチャンネルで放送された。番組名「NAONのYAON 2018」(180分)。

・SHOW-YA
・早見優
・相田翔子
・小柳ゆき
・相川七瀬
・中村あゆみ
・椿鬼奴
・渡辺敦子(ex.PRINCESS PRINCESS)
・富田京子(ex.PRINCESS PRINCESS)
Gacharic Spin
Mary’s Blood
DOLL$BOXX
GIRLFRIEND
・STARMARIE

・宮澤茉凜(LoVendoЯ)
・岡田万里奈(LoVendoЯ)
・AYANO
・AZU(LAZYgunsBRISKY
むらたたむ
YASHIRO
・AYUMI(Astrovery
・HAL-CA(ASTERISM)
・末延麻裕子
・稚菜
オープニングアクト
fleufleu [インディーズ部門グランプリ]
・SEED [軽音部門グランプリ]
・もんすてら [敗者復活枠]

2017年

通算12回目の開催。初開催から30周年。4月29日の開催は2015年以来2年ぶりとなった。 また、女性ギタリストが集結し演奏する「WORLD GUITAR GIRLS COLLECTION (WGGC)」も初開催。

・SHOW-YA
・はるな愛
・荻野目洋子
・小比類巻かほる
・久宝留理子
・相川七瀬
・夢みるアドレセンス
・渡辺敦子(ex.PRINCESS PRINCESS)
・富田京子(ex.PRINCESS PRINCESS)
SILENT SIREN
Gacharic Spin
Mary’s Blood
Cyntia
・Chelsy

ЯeaL
・Li-sa-X
・中野ミホ(Drop’s)
・NANA(Lily’s Blow)
・モリユイ(しなまゆ)
・石田ミホコ
・稚菜
むらたたむ
・さはら
オープニングアクト
・チロル [インディーズ部門グランプリ]
・佐藤ゆき [軽音部門グランプリ]
・ポタリ [インディーズ枠]

2016年6月12日(日)

・SHOW-YA
・水谷千重子
・岡本真夜
・杏子
・相川七瀬
・中村あゆみ
・田村直美
・渡辺敦子(ex.PRINCESS PRINCESS)
・富田京子(ex.PRINCESS PRINCESS)
・Charisma.com
Gacharic Spin
Cyntia
Mary’s Blood
BAND-MAID
・Zwei

・稚菜
・モリユイ(しなまゆ)
・石田ミホコ
・安達久美(club PANGAEA)
・山田直子
・GRACE
・はたけやま裕
・末延麻裕子
オープニングアクト
ザ・ヒーナキャット [インディーズ部門グランプリ]
・初舞 [軽音部門グランプリ]
THE LEAPS [インディーズ特別枠]
・Hysteric Lolita [インディーズ特別枠]
・LOL [軽音部門特別枠]

2015年

初の年2回開催。1回目は前年と同じく4月29日開催。8月23日開催の2回目は『NAONのYAON 2015~SUMMER~』というタイトルで行われ、この日はNAONのYAON10回目を記念した曲『Rock Love』(作詞:秋元康)が発表された。

8月23日

・SHOW-YA
・杏子
・相川七瀬
・中村あゆみ
・八神純子
・渡瀬マキ(LINDBERG)
・JILL(PERSONZ)
・中川翔子
・GO-BANG’S
SILENT SIREN
Gacharic Spin
Mary’s Blood
・Chelsy

・渡辺敦子
・富田京子
・SATOKO(FUZZY CONTROL)
・YUI(Cyntia
・AYANO(Cyntia
・魚住有希(LoVendoЯ)
・宮澤茉凜(LoVendoЯ)
・小林香織
・山田直子
・安達久美
・ERY
・石田ミホコ
・稚菜
・神取忍

4月29日

・SHOW-YA
・杏子
・相川七瀬
・山下久美子
・YU-KI(TRF)
・田村直美
・中村あゆみ
・土屋アンナ
・平野綾
・シシド・カフカ
・仮面女子
・PINK SAPPHIRE
・FLiP
Gacharic Spin
・PIGGY BANKS(矢沢洋子バンド)

・渡辺敦子
・富田京子
・はたけやま裕
・GRACE
・安達久美
・Megu(Zwei)
・Yuki(D_Drive)
・Chiiko(D_Drive)
・末延麻裕子
・才恵加
SAKIMary’s Blood
・力石理江
・AYANO(Cyntia)
・古屋ひろこ
・枡家小雪
・未唯mie
・神取忍

2014年

2013年と同じ4月29日に日比谷野外大音楽堂で開催された。また、このライブ模様は5月18日にNHK・BSプレミアムで午後11時から放送された。

・SHOW-YA
・森高千里
・相川七瀬
・中川翔子
・杏子
・土屋アンナ
・シシド・カフカ
・FLiP
・LoVendoЯ
Cyntia
Gacharic Spin
・黒木渚
・中ノ森文子
・矢沢洋子
・Drop’s
・Zwei
・稚菜

・渡辺敦子(PRINCESS PRINCESS)
・富田京子(PRINCESS PRINCESS)
・小林香織
・力石理江
・はたけやま裕
・Yuki(D_Drive)
・Chiiko(D_Drive)
・末延麻裕子
・Ah-ran Kim
・加藤ミリヤ
・菅原潤子
・古屋ひろこ
・枡家小雪
シークレット
・八代亜紀
・星屑スキャット
その他
・ミッツ・マングローブ

2013年

日比谷野外大音楽堂の90周年事業と連動し5年ぶりに復活。4月29日に開催された。

・SHOW-YA
・杏子
・相川七瀬
・中川翔子
・土屋アンナ
・SCANDAL
・平野綾
・シシド・カフカ
・LoVendoЯ
Cyntia
DESTROSE
・矢沢洋子
・石田ミホコ

・富田京子
・渡辺敦子
・安達久美
・小林香織
・Chiiko、Yuki(D_Drive)
・はたけやま裕
・Megu(Zwei)
・星屑スキャット
・力石理江
・TOMO-ZO (Gacharic Spin)
シークレット
・夏木マリ
・神取忍

2008年

2008年4月29日に6回目のNAONのYAONが開催された。17年ぶりとなったこのフェスティバルにはSHOW-YAや杏子など以前の出演経験者に加えて、相川七瀬、長澤奈央など新たな世代のミュージシャンが参加。特にプリンセス プリンセスの元メンバー、富田京子、渡辺敦子とZONEの元メンバー、長瀬実夕、舞衣子の4人によるスペシャル・ユニット「ゾンプリ」が結成されたことは大きく報道され注目を集めた。また1988年の第2回に「MINAKO with WILD CATS」として出演した本田美奈子.の遺志を継ぐNPO「LIVE FOR LIFE」もこれに参加して募金活動を行った。寺田は翌年以降の開催にも含みを残している。

・SHOW-YA
・杏子
・相川七瀬
・YU-KI(TRF)
・SCANDAL
・長澤奈央
・長瀬実夕
・MARIA
・JILL(PERSONZ)
・富田京子
・渡辺敦子
・国府弘子

・安達久美
・EITA(時空海賊SEVEN SEAS)
・小林香織
・SATOKO(FUZZY CONTROL)
・力石理江
・DRM
・長井ちえ(e-ha?)
・やまだなおこ(e-ha?)
・THE PINK☆PANDA
・まちゃまちゃ
・mammySino

1999年 番外編

1991年の第5回を最後に一度終止符を打たれた「NAONのYAON」だが、1999年に番外編として一度だけイベントが開催された。この時は会場が日比谷野外音楽堂ではなく川崎市のCLUB CITTA’だったため「NAON NO NAON」と題して行われた。出演者はこの時すでにともに解散していたSHOW-YAとプリンセス プリンセスの元メンバーなど、以前のフェスティバルの出演者が中心だった。

1991年(9月15日)

・SHOW-YA
・プリンセス プリンセス
・VELVET PΛW
・REG
・さくらさくら
・PINK SAPPHIRE
・NORMA JEAN
・TWIGGY
・Jaco:neco

・RosyRoxyRoller
・山本リンダ
・Chie(バビロン大王)
・岩下千絵(NightHawks)
・shima-chang(すかんちのBa.)
・喜屋武マリー
・ステファニー
・アジャ・コング
・バイソン木村

1990年(9月15日、9月16日)

・SHOW-YA
・アン・ルイス
・坪倉唯子
・白井貴子
・Chie(バビロン大王)
・岩下千絵(NightHawks)
・VELVET PΛW
・REG-WINK
・Jaco:neco
・PINK SAPPHIRE
・NORMA JEAN
・TWIGGY

・Betty Blue(金子美香を中心に結成された女性のみによるロックバンド)
・RosyRoxyRoller
・山瀬まみ
・ダンプ松本
・久宝留理子
・さくらさくら
・GIL MESSIAH
・STORMY BLAZE
・さくLaさく
・早瀬七美
・黒沢律子

1989年(9月17日)

・SHOW-YA
・プリンセス プリンセス
・NOKKO(レベッカ)
・TWIGGY
・REG-WINK
・VELVET PΛW
・Jaco:neco

・兵藤ゆき
・杏子(BARBEE BOYSのVo.)
・Chie(バビロン大王)
・岩下千絵(NightHawks)
・つちやかおり
・KAYOKO
・小川みゆき

1988年(9月11日)

・SHOW-YA
・プリンセス プリンセス
・MINAKO with WILD CATS(本田美奈子を中心に結成された女性のみによるロックバンド)
・アン・ルイス
・NOKKO(レベッカのVo.)
・シーナ(シーナ&ザ・ロケッツのVo.)
・VELVET PΛW
・イリア(ジューシィ・フルーツのVo.)

・YOU
・Chie(バビロン大王)
・藤原かずみ(The Reds)
・ダンプ松本
・大森ゆかり
・斉藤さおり
・KAYOKO

1987年(9月20日)

・SHOW-YA
・プリンセス プリンセス
・カルメン・マキ
・石川秀美
・美保純

・CHIE(千年COMETSのGt.)
・チャーミー・グリーン
・ブラック・ムーン
・さくらさくら